スポンサーリンク

チーズの紹介(イエトスト)

チアーズホームページ

いつも利用している沖縄のチーズ専門店チアーズさん。
こちらで購入したイエトストチーズのご紹介。

スポンサーリンク

イエトストチーズとは

ウィキペディア先生にによると

ない!
ウィキペディア先生が知らない情報だと。
う~ん、仕方がないからいろんなところを探してまとめてみました。

ノルウェー原産のチーズで原料は牛乳ではなく、ヤギ乳。それにホエイ(牛乳から脂肪分とカゼインを取り除いたもの)、生クリームを加えて作られる。このチーズは熟成させるのではなく、煮詰めて作られるためフレッシュタイプ(熟成させないタイプ)に分類される。また、製法がキャラメルの作り方と同じであり、見た目はキャラメルそっくり。原料もヤギ乳と砂糖の違いぐらいである。原産地のノルウェーでは朝食でパンにのせて食べるのが一般的。また、甘みがあるためコーヒーとの相性もよい。

とのことです。
このチーズについて書いているサイトやブログがかなり少ない。
ウィキペディア先生も知らないみたいなので日本ではマイナーなチーズかもしれません。
外国版なら載っているかも!
とりあえず、少ないながらもイエトストについての記事を読んでみると「甘みが強い」とか「塩気が強い」との表現で書かれていることが多いですが。ちょっと誇張していないかなと思います。
色々なサイトやブログを見ましたが、味の表現がなんか「教科書的」な感じです。

本当に食べたことあるのかな?

あーだ、こーだ言っても仕方ないので食べてみれば本当のことが分かるでしょう。

いざ、実食

ラップを外してみたらこんな感じ。
色の薄いキャラメルブロックみたいです。
では。切ってみましょう。

結構、硬い。
スパっと切れず、ナイフに力を入れないとなかなか切れません。
冷蔵庫から出した直後なので、ある程度常温に戻してから切った方がよかったかな?

中も同じ色、まさにキャラメル。
さあ、味はどうかな。

率直に言ってチーズの感じではなく、どちらかというと「薄いキャラメル味」です。
甘みが強いとありましたが、他のチーズに比べたら甘みがあります。
甘みのレベルはほのかに甘い程度。
キャラメルと比べたら全然甘くないです。
砂糖が入っていないので当たり前ですよね。
あと、塩気は少しあります。
おそらくこの塩気が甘さを引き立たせているのではないでしょうか。
スイカに塩をふる感じかな。
チーズ自体のにおいは感じられません。
ヤギ乳を使っているので独自の獣臭さがあるかなと思いましたが問題ないようです。
ですが、ですが、食べているとたまにヤギがやって来る感じ。
私はヤギの臭いが嫌いなので、それを敏感に感じ取ってるのかもしれません。
ちなみに、ヤギ好きの両親にも試食してもらましたが「ヤギの風味がしない?」と言うまではヤギの存在が分からなかったそうです。
ヤギの風味がたまにしますが、ヤギ嫌いな人でもチャレンジしやすいものだと思います。
私は既に慣れました。
味が気になる人はぜひイエトストを食べてみて下さい。

イエトストに合う食べ方

このチーズ自体の情報が少なすぎていいものが見つけられませんでした。
スイーツ的なチーズですのでパンの餡にしてみたり、キャラメルの代わりに使ってみても面白かもしれません。
もし、イエトストを使った料理を知っている方は是非教えて下さい。

楽天市場で購入可能

楽天市場でイエトストと検索してもヒットせず、「ゴートチーズ」という名前で販売されていました。
取り扱い店が非常に少ないマニアックなチーズです(2019年5月19日)。
私の楽天ROOMにも掲載していますのでよろしければ是非。

よろしければ応援よろしくお願いします。 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました