スポンサーリンク

チーズの紹介(カチョカバロ)

チアーズホームページ

いつも利用している沖縄のチーズ専門店チアーズさん。
こちらで購入したカチョカバロのご紹介。

スポンサーリンク

カチョカバロとは

ウィキペディア先生によると

カチョカバロは、イタリアのチーズの種類のひとつ。「カチョ」はチーズ、「カバロ」は馬の意(熟成させる際に袋に詰めたものを紐で繋ぎ、横棒などに振り分けてぶら下げた様子が、馬の鞍の左右に袋をぶら下げて運ぶのに似ていたため)。火を通さない硬質チーズで、原料は牛の全乳、塩、レンネット(酵素)のみを使用する。色は白く、固くなめらかなチーズである。

ふむふむ

見た目が面白形をしておりますな。
チーズと言えば丸い円柱型やカットされて三角柱型が多いですが、カチョカバロは袋状になっています。
確かこのチーズを私が最初に見たのは有名な花畑牧場のやつですかね。
非常に特徴的な形をしているので衝撃を受けたのを覚えています。
可愛らしい形なので、チーズでなければインテリアになりそうな気が・・・
何はともあれ、さっそく食べてみましょう。

いざ、実食

外装を取り外してみましたが、カビ臭らしきものはしません。
全体的にすべすべしており、丸みを帯びているため、非常に切りにくい(;’∀’)
このチーズは焼いて食べることをおススメされておりますが、とりあえず生でいただきます。

生の味はクリーミーですが、塩気もあまりない非常にシンプルな味。
美味しいですが、何か物足りない感じがします。
ということで、早速フライパンで焼いてみたのですが、フライパンにくっついて取りにくい(;’∀’)
代わりにオーブントースターで焼いた結果がこちらの写真。

焼いたことにより、白っぽかったチーズが黄色くなりました。
味は先ほどの生よりも味に深みが増し、更に美味しくなっております。
それでも凄く濃厚というわけでもないでもないので、大葉ソースとパスタソースを付けてみました。
きっと、さらに美味しくなるはず。

うまい!

味がシンプルなのでやっぱりソース系が合います。
他にも味の濃い料理(ピザやパスタなど)に乗せても合いそうです。

おススメの食べ方は?

ネットを見る限り、焼いて食べるのが王道のようですね。
大きく切って、カチョカバロのステーキなんてのもありました。
料理するならトーストやピザ、オムレツの具、揚げてチーズスティックなど、基本的に何でも合うようです。

楽天で購入可能

カチョカバロは楽天市場でも販売しています(2019年5月21日現在)。
私の楽天ROOMにも掲載していますのでよろしければ是非。

よろしければ応援よろしくお願いします。 ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました