スポンサーリンク

チーズの紹介(ブリーチーズ)

チアーズホームページ

いつも利用している沖縄のチーズ専門店チアーズさん。
こちらで購入したブリーチーズのご紹介。

 

スポンサーリンク

ブリーチーズとは

ウィキペディア先生によると

1000年前からフランスのブリー地方で牛乳と食塩で作られる白カビチーズ。癖は少なく、しかも濃厚な味わいのブリーはフランス人を始め世界中に多くのファンを持つ定番チーズであり、特に「ブリー・ド・モー」の風味は「上品」と評され、「チーズの王様」とも呼ばれている。なお、名前がよく知られているカマンベールチーズはカマンベール村にブリーチーズの製法が伝わり誕生したとのこと。

ふむふむ

カマンベールチーズは良く知ってますが、ブリーという名前は初めて聞きました。
ブリーが先に誕生したのに何故カマンベールチーズの方が有名になったのでしょうか?
ブリーは王様と評されるているので高級であり、カマンベールチーズは庶民的なのかな?
何はともあれ、さっそく食べてみましょう。

いざ、実食

袋を開けるとカビっぽいにおいがしますね。
おそらく表面に生えている白カビだと思われます。
チーズ自体は表面に白カビがあって少し固めですが、内部は結構トロトロのクリーム状態。

味は結構淡白、そのためか塩気が非常に強く感じられます。
ただ、最後にカビ臭の刺激が鼻を刺す感じがあります。
そのため沢山は食べれませんね。
おそらく、日本人はこの味に慣れていないので表面部分の白カビは取り除いたほうがいいかもしれません。

おススメの食べ方は?

ハチミツを付けて食べると結構合います。
もともと淡白なチーズなので、ハチミツとよく絡みます。
ハチミツ独特の甘ったるさもなくなり、これはいいです。
カビ臭もやや抑えられるが、最後にやってきますね。

メイプルシロップもかけてみました。
こちらも合いますね。
ただ、このチーズに甘いものをかけるとかなり甘さが抑えられるので、メイプルシロップよりはハチミツの方が個人的に向いていると思います。

そしてコショウもかけてみました。
う~ん、淡白なチーズは刺激的な調味料と合いますね。
やっぱり、そのままよりは何かをかけて食べてる方が個人的には好きです。
でも、白カビ風味は最後まで消すことは出来ませんでした。
青かびだったらいけるのに。
個人的に白カビとは相性が悪いみたいです。

楽天で購入可能

ブリーチーズは楽天市場でも販売しています(2019年5月21日現在)。
私の楽天ROOMにも掲載していますのでよろしければ是非。

よろしければ応援よろしくお願いします。 ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました