スポンサーリンク

和のプリン

皆さん、こんにちは!
今日は和のプリンなるものをご紹介

和のプリンは京都にあります中村楼という老舗の懐石料理屋さんが監修したプリンで、きな粉と抹茶の2種類があります。
こちらのプリン、ハーモニック社が出しているカタログから注文。
家に配達された時に気づきました。
まさかの冷凍!
冷凍のプリンなんて初めて見ましたよ。

説明書には次のような事が書かれていました。

●マイナス18度以下で保存してください。
●冷蔵庫で4~5時間を目安に解凍してください。
●解凍後は必ず当日中にお召し上がりください。
●解凍後の再凍結は品質が落ちますのでお避けください。

どうやらアイスのように冷凍状態で食べるのではなく、解凍していただくものだったようです。
今すぐに食べることはできず、冷蔵庫で4~5時間って結構長い。

スポンサーリンク

和のプリン(きなこ)

上から見たところ黒豆、ホイップクリーム、そしてきな粉プリンで構成されているみたいですね。
まず黒豆は黒糖味、非常に柔らかく丁度いい甘さ。
次にホイップクリームもそこまで甘くなく、非常にいい甘さ。
最後に本命のきな粉プリンですが、味が薄く、僅かな甘さしか感じられません。
あと食感もプリンとは言い難く、何に近いかなと考えた結果、豆腐という結論に達しました。
きな粉って大豆だし、甘さも僅かにしか感じられない、それでいて食感が豆腐・・・
きな粉プリンというよりはきな粉豆腐と言った方がしっくりくるような味です。

ちなみに私は最初、解凍してから食べるということを知らず、冷凍のままでいただきました。
硬くて変な感触、味も全然しなくてイマイチ。
やっぱり、解凍してから食べるべきです。

和のプリン(抹茶)

上から見たところ、黒豆、抹茶プリン、そして黒豆の上には金粉が載っておりゴージャスな感じで構成されています。
まず黒豆の味はゴマ味、よく見ると黒豆の下にゴマペーストがあります。
金粉の味は分かりませんw
次に抹茶プリン、こちらもきな粉同様に甘さが全然なく、抹茶の味しかしない。
大袈裟かもしれませんが、純粋な抹茶を固めたような感じ。
抹茶好きにはたまらないかもしれませんが、プリンとは言い難い。

よろしければ応援よろしくお願いします。 ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました