スポンサーリンク

あめ屋の開運福袋セット(岩井製菓)

皆さん、こんにちは!
今日はあめ屋さんの福袋の紹介です。
ヤフーショッピングの福袋をいろいろと覗いていたら、今まで一度も買ったことが無かった飴の福袋に目が留まり買ってみました。

買ったところは「京の飴工房 岩井製菓」
季節ものの飴などを販売している飴専門店です。
ヤフーショッピングのホームページはこちら

購入した福袋のお値段は送料無料(沖縄も無料はポイントでかい)で税込み3,780円。
中身はすでにネタバレされていましたが、改めて中身をみてみましょう。

スポンサーリンク

開運干支飴

干支をテーマにした棒付き飴、2020年は「子・ねずみ」。
ミルク味といちごミルク味の2種類で1セット、福袋にそれが3セット入っていました。
こちらの飴はその時の干支ですので、来年は牛でしょう。
ということは、ねずみの飴を食べれるのは12年後なのかな?

ミニ鏡餅

2段餅(ミルク味)の上にミカン(ミカン味)を乗せた、まさに鏡餅そっくりに作った飴。
台座付きですが、台座は飴ではありません。
見た目が可愛らしいので個人的には一番のお気に入り。
福袋に3個入っていました。

京の甘酒飴

酒粕をそのまま飴の生地の中に練り込んだ味わい深い飴玉。
ひな祭りとかにも使えそうな感じです。
福袋には1袋80gが2袋入っていました。

あめのもと

箱入りで瓶に入っている福袋で唯一の水飴(300g入り)。
琥珀色で蓋開けた瞬間凄い生姜の香りが漂ってきます。
食べ方はそのまま食べてもいいけど、夏は水に溶かして冷却して「ひやしあめ」にして、冬は熱湯に溶かして「あめ湯」として飲むのがおススメとされています。

ゆず飴

ゆずの皮を練り込んだ飴玉。
口に入れるとなんと言いえないゆずの香りが広がり、甘酸っぱくて美味しい飴玉。
福袋には100gの袋が1袋入っていました。

梅干飴

赤と白の2種類入っている飴玉。
梅干しが入っているのではなく、香料とクエン酸で梅干しを表現したものですね。
赤と白の紅白をテーマにしたカラーなのでお祝いの贈答品にもおススメ。
福袋には100gの袋が1袋入っていました。

苺みるく飴

ザ・オーソドックスの苺みるく味の飴玉。
干支飴の苺みるくと同じ味となっています。
福袋には100gの袋が1袋入っていました。

玄米茶飴

お茶処・宇治の飴屋がつくる珍しいお茶の飴「玄米茶飴」
口に入れると玄米茶の香りが一気に広がり、スッキリとした味わいです。
大人向けの飴玉ですね。
福袋には100gの袋が1袋入っていました。

ほうじ茶飴

お茶処・宇治の飴屋がつくる珍しいお茶の飴「ほうじ茶飴」
玄米茶同様にほうじ茶の香りがしますが、全然苦さを感じません。
こちらもどちらかというと大人向け。
福袋には100gの袋が1袋入っていました。

おまけ飴

福袋には全部で9種類の飴が入っていましたが、「到着後に商品のレビューを書く」を選択すると非売品のおまけ飴がもらえます。
毎回、同じものかは分かりませんが、私は抹茶ミルク味の飴を3個いただきました。
抹茶ミルクの味は、大部分は抹茶でほのかにミルクの味わいが感じられる飴玉です。

よろしければ応援よろしくお願いします。 ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました